地域に育てられた太鼓集団が結成30年に沖縄の師匠と一緒にコンサートを開催

地域に育てられた「獅子」が地域の方々と師匠に恩返しがしたい!

 

2018年11月25日(日)14:00~16:00

 住吉区民センター(大ホール)でコンサートを開催

 これまで地元地域の皆さんに育てていただき、20周年・25周年を大阪市住吉区の大阪市立住吉区民センターの大ホールで開催してきました。

今回の30周年記念コンサートも同ホールを会場に開催することとなりました。

 沖縄の音楽を地元の皆さんに感じてもらい、人と人の繋がりが素晴らしい音楽や表現となることを体感してもらいたいです。

 

プロフィール

浅香太鼓集団「獅子」は、大阪市住吉区浅香で、1988年に行われた「地下鉄車庫跡地まつり」をきっかけに結成しました。

現在は、中学生から大人まで約20人のメンバーがおり、年間を通し日本国内で行われているさまざまなイベントへ出演、教育機関での和太鼓演奏や和太鼓ワークショップを多数行っています。また数年前から、多くのプロやアマチュアの太鼓集団と交流し、大阪府内で活動している6つの和太鼓集団からなる「和太鼓ユニット絆」の参加団体として、海外での和太鼓コンサートや演奏指導を行っており、国内外で幅広く活動しています。

 

【太鼓を通じて地域を・日本を元気に!】

浅香太鼓集団「獅子」は、保育所や学校、高齢者施設、被災地などでも和太鼓公演を行っています。太鼓の音色を通じて、私たちの公演を見てくださっている皆様から、地域・日本を元気にしたいと考えています。

 

 

西日本豪雨の被災地支援活動の様子

 

【仲間づくり+和太鼓】

和太鼓の曲は数種類の太鼓とその他の楽器とともに成り立っています。太鼓の曲だけでもパートがいくつもあり、打ち手同士の波長を合わせて打たなければ、うまくいきません。その波長も信頼関係がないと成り立ちません。

さまざまな背景を持っているメンバーと一緒に太鼓の活動を通し、「太鼓ってたのしい!」から「一緒に活動している仲間との信頼関係」へ。そういった中で、太鼓の活動がそれぞれの居場所になってきています。

 一緒に太鼓を打っている仲間や見ている方々にも、太鼓の楽しさや仲間の大切さ、たくさんの人が「傷つき・傷つける」ことがない社会をともにめざすことを伝えていくことも獅子の大切な活動のひとつです。

和太鼓を使って、結成当時の目的である和太鼓の文化を伝承・発展させていくことに加え、仲間の大切さ、すべての差別に対して啓発していくこと、戦争は最大の人権侵害であるという考えから、反戦・平和を訴えていくことを目的とした人権啓発講演にも取り組んでいます。

 

 

 

あさか太鼓教室の子ども達も太鼓を通じて仲間づくりの大切さを学んでいます。

 

 

【浅香太鼓集団「獅子」の活動】

様々な地域で「人の大切さ」や「人権の尊さ」を太鼓を用いて表現

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

様々な地域で小学生から大人まで多くの方々に太鼓体験を行い、太鼓を通じた仲間づくりについて身体を動かしながら体験学習を行っています。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、室内

太鼓を通じた学びと共にあらゆる人権問題について、一緒に考える講演も行います。

 

長年大切にしてきた沖縄の師匠と共演がしたい。

 

浅香太鼓集団「獅子」は、結成当初より、沖縄の残波大獅子太鼓の指導を受けながら活動していきました。

沖縄の歴史を学び、沖縄の文化を学び、浅香太鼓集団「獅子」の表現には、沖縄の「風」が流れています。

結成25周年のコンサートの際は、師匠より楽曲提供を受けて演奏を行いましたが、今回の結成30周年コンサートでは、沖縄の師匠を大阪の地へ招待し、共演したいと考えています。

地域の皆さんに支えられ30年間育てていただいたお礼を、獅子が成長した姿と師匠との共演で表現したいと考えています。

2018年8月5日に大阪でご指導を受けることができました。

沖縄と大阪で「笑顔」の交流が長年続いています。

 

最後に…

 残波大獅子太鼓の皆さんに小学生時代からお世話になっていたメンバーも今は40歳目前。これまでも事あるごとに連絡を取り合い、大阪と沖縄の距離を関係なくお付き合いさせていただき、獅子が大変な時は大阪へ駆けつけ、励ましてくれました。

獅子が大人になった時には何か恩返しをしなければいけないと考えていました。まさに今、その時が来ました!

残波大獅子太鼓の皆さんは、地元沖縄で1日4回の常設公演がある中、大阪でのコンサートを開催することが難しい状況があると聞いていました。

今回、獅子がお招きすることにより沖縄の風を大阪に届けてもらうことができるのではないかと考えました。残波大獅子太鼓を見たいと思っている大阪の方にとっても絶好の機会になると信じています。

 また、獅子の若手メンバーは残波大獅子太鼓の方々との共演経験はありません。次世代のメンバーにもプロとの共演を経験し、今後に生かしてもらいたいという願いとともに、新たな繋がりが生まれることを願います。地元浅香の大人の方がつないでくれた大阪と沖縄の繋がりを今後も絶やしたくない。

いろんな方の想いを背負い、獅子の想いも込め、多くの方々に人との繋がりの大切さや人の大切さ、命の尊さを届けることができる公演になるようメンバー全員で取り組んでいきます。

どうぞご支援をよろしくお願いいたします!

沖縄の綺麗な空と

地元 浅香の空は、繋がっています。

詳細のご確認・プロジェクトのご支援はこちらから。
https://faavo.jp/osaka/project/2888