西成高校で1年中「モーニングとなりカフェ」を開きたい!

不安と空腹を満たす「モーニングとなりカフェ」

まったく新しい支援のかたち

大阪府立西成高校において2012年より始まった「となりカフェ」。となりカフェ/高校内居場所カフェは、高校の中に「居場所/サードプレイス」を設置し、そこで「文化の提供」と「ソーシャルワーク支援」を行なう、まったく新しい高校生支援のかたちです。高校中退予防を目的とし、ひきこもり等に若者を陥らせないことで、少子高齢社会の我が国において最も重要な若者/ハイティーン支援を行なうことを目的としています。現在、府内や神奈川県などで広がりつつある「高校内居場所カフェ」の元祖であるこの「となりカフェ」を、是非とも存続させたいと願っています。

■ドーナツトークと「となりカフェ」

大阪府立西成高校において2012年より始まった元祖「高校内居場所カフェ」である「となりカフェ」。この活動等を評価されて、officeドーナツトークは、「平成29年度 内閣府『子供と家族・若者応援団表彰、内閣特命担当大臣表彰』」を受賞しています。

「となりカフェ」は、2016年までは行政予算をもとに運営してきましたが、2017年は自主運営となりました。それを機会に活動内容を広げ、貧困等諸事情で朝食をとりにくい生徒を対象に「モーニングとなりカフェ」を2学期より自主事業で開催しました。

「モーニングとなりカフェ」は話題を呼び、また生徒さんの参加も予想以上にあり(15〜20名)、2018年度は1学期より年間を通して開催したいと考えています。

 

■このプロジェクトで実現したいこと

2017年2学期は、授業開始前の朝の時間をつかって「モーニング」メニューを生徒のみなさんに提供しました。近所の鶴見橋商店街のパン屋さんで焼きたてパンを購入し、挽きたてのコーヒー豆からおいしいコーヒーを入れる。音楽も、朝らしいさわやかな曲を流しました。

 

家庭の事情(保護者が不在・ネグレクト・ことばの暴力等)で生徒たちはなかなか朝食をとることができず、朝食があったとしても、それは幼いきょうだいたちを優先して自分は遠慮したりしています。

 

空腹に加えて、「孤独感」に苛まれる一晩を彼女ら彼らは過ごします。さまざまな不満と不安を抱えて登校し、直接教室に入る前に「となりカフェ」でわずかな時間を過ごす。その、となりカフェがもつ「サードプレイス」の力が、生徒たちを和ませるようです(「教室」は生徒たちにとっては、いわば職場、つまり「セカンドプレイス」です)。

貧困問題等があり、生徒たちが家庭内ではなかなか味わえないこうした「モーニング」や「カフェ」の雰囲気や文化を、是非とも1年中を通して毎週体験してほしいと思います。そして、高校生活をできるだけ長く過ごし、一人でも多くの生徒が卒業できるよう、となりカフェは応援したいと考えます。

詳細のご確認・ご支援はこちらよりお願いいたします!