最高に盛り上がってしまう”惹きこもる”スゴロクで社会参加への足掛りにする

惹きこもるスゴロクとは

 

コミュニケーションの面白さに惹きつけられ、思わず手にグッと力がこもるほど盛り上がってしまうスゴロクです。

ひきこもり・ニート等、課題を抱えた若者がの手で作り上げてきたスゴロクゲームをしっかりとした形にすることで、達成感や自己肯定感を生み出すことに留まらず社会参加への足掛かりとしたいです。

 

ひきこもり・ニート等、課題を抱えた若者と一緒に社会へ羽ばたく最初の一歩

私は、若者支援を中心に活動している臨床心理士の村城公介と申します。

 

ひきこもり・ニート等のカウンセリング、居場所活動、親の会を主におこなっています。

私自身も不登校・ひきこもり・ニートを経験し、七転八起しながら今に至った経緯があります。

その経緯も後ほど記しております。よろしければ、読んでいただければ嬉しいです。

 

ひきこもり・ニートの中には、対人関係を苦手とする方は多く存在します。

また、人とのコミュニケーションを不安に感じるため、様々な場面での社会参加を困難にしています。

そこでコミュニケーションの活性に特化したスゴロクをひきこもり・ニートの若者と一緒になって作成しました。

スゴロクが形になることで、課題を抱える若者が「これだけ面白いものを作れる!」と社会に対して、アピールできる機会になればと考えています。

 

 

ひきこもり・ニートが作るスゴロクの魅力

 

スゴロクを作るきっかけになったのは、2年程前になりますが、ある場所で若者とアサーショントレーニングを実施していたときのことです。

“自分も相手も大切にするコミュニケーション”を考えてもらう一貫として、ある国民的アニメキャラクターの「良いところは何ですか?」と質問しました。誰でも知っているそのキャラクターについて若者は、「さぁ」と首を傾げるのです。他の若者も言葉が出ず、全員が固まってしまいました。その後も「自分の長所を教えてください」と尋ねましたが、ほとんど述べることができませんでした。

相手や自分の良いところを認識できずにいたのです。

 

コミュニケーションを学ぶきっかけがないかと考えた結果、スゴロクゲームを作ることを決心しました。マス目の内容には、本人の口から聞いてみたい質問や考えを盛り込み、自己開示を無理なく促進させるように作成したのが、最初のスゴロクver.1です。

 

 

▲スゴロクver.1

 

「あなたの好きな食べ物を教えてください」という簡単な質問でもゲーム上のルールで求められると自然な会話に繋がり、単なる雑談時に比べて自己開示の回数がアップしました。

しかし、マス目は固定されたボードゲームだったため、一度ゲームをしてしまうと面白さがなくなってしまうのです。何度も使えるゲームにならないかと考えた結果、カードタイプのVer.2になりました。

 

▲スゴロクver.2

 

その後も、ひきこもり・ニート達が聞きたいこと、言いたいことをスゴロクに盛り込んだことで自然な会話を促すことができる、他には類を見ない一品に仕上がりました。基本二種類のマスカードと効果カードのみで構成されています。マスがカードなので、何度でも新しい自由なコースを作り上げられます。

ゲーム性も重視しており、コミュニケーションが苦手な人達に限らず、家族、友人、教育の場、研修、地域の会合、飲み会等、スゴロクは幅広く使っていただけます。

ぜひ、プレイしてみてください!

 

こちらからご支援いただけます FAAVO大阪へ