日本初!「えんとつ町のプペル」と花火のコラボで子ども達に夢を届けたい

学生の力で泉佐野を盛り上げたい

 

毎年8月末に泉佐野マーブルビーチにて開催される花火大会、ENJOY!りんくうはボランティアの実行委員で組織されています。その実行委員に今年から大学生を中心とした5名の若手チームが発足しました。このメンバー達が中心となって、花火大会の目玉企画として、キングコング西野さんの人気絵本「えんとつ町のプペル」を芝居化し、音楽花火と連動した企画を実現したいと思います。

 

高校生・大学生によるステージ企画

ステージ企画は昨年から地元の高校生、大学生によって、企画、運営されていました。昨年のステージ企画が好評だったため、今年から優待スペース内でのメイン企画として開催することになりました。昨年企画メンバーだった高校生、大学生が今年から実行委員となり、新たにメンバーも加わり、高校生・大学生によるステージ企画のサポートと、企業協賛金集めをすることになりました。

人気絵本 「えんとつ町のプペル」を芝居に!

ENJOY!りんくうは4万人以上が集まる花火大会です。このステージ企画のメインイベントとして、音楽花火と芝居を連動した芝居花火を行います。人気の絵本「えんとつ町のプペル」を題材とし、芝居の演出に合わせて花火が打ちあがるという新たな試みに挑戦します。先日には劇団との打ち合わせも行い、舞台化に向けて着々と準備を進めています。

 

詳細の確認、ご支援はこちらよりお願い致します!

https://faavo.jp/osaka/project/2756