小さなプラスチックで大作戦1ー0次防災イーティングセットを広めたい!

Cooking+プラスチックアート

そこからから生まれたお洒落な食器!

小さなシートがコップやお皿に変身する“0次イーティングセット

6smile をソーイングセットのように携帯しませんか?!

震災から学んだアイデアを多くの人とシェアしたい

私は身近な汎用樹脂を素材に造形しています。

実はプラスチックアーティストになったのも、台湾921大地震(1999年9月21日台中・集集)の被災地に、台湾の篤志家から復興2年目に被災地の婦人会へのリサイクル工芸:PETフラワーの講習会開催の依頼があって、その機会に台湾全土での指導者講習会の旅をしたことがきっかけでした。

篤志家が私のことを知られたのは、楽しくプラスチックの分別をするために考案した「PETフラワー」工作で科学教育イベントに出展していたからです。

以来十数年、様々な身近なプラスチックを素材に造形しています。でも、当アイデアの素材であるソフトPVCだけは3年前まで作品素材として使ったことはありませんでしたが、あるセミナーでサンプルを戴いて、独特な物性や美しさに魅せられ、毎日何が作れるか触っていた時、6smileの前身になる食器を想い付き、毎日自分だけで工夫を楽しみながら使っていました。

そんな時、熊本地震が起きました。

私がよく購入する現地の食品会社が、操業が止まっている工場で被災者にポリ袋でお水を分けていることを知り、水の大切さを再認識して、このアイデアをもっと多くの人に役立てたいと真剣に考えるようになりました。

それからというもの、友人に実際に使って貰って意見や感想を訊き、私自身がモニターになって毎日が実験でした。

東日本大震災の直後から、FacebookでTohokuというグループのお世話をさせてもらっていますが、元々はフレンドの安否確認に作ったページを、その後は主に防災や安全情報の交換のページにして7年。交流の中で防災を忘れないでいられることは有難いと思います。

そんな経緯から、0次=日常の備えは義務感ではなく、「楽しくスタイリッシュに」というのが長続きのコツだと思うようになりました。

→こちらから応援いただけます小さなプラスチックで大作戦1ー0次防災イーティングセットを広めたい!