安藤忠雄建築で「光」のイベントを!!夢のプロジェクションマッピング!?いいえ。河南町は「光の空間アート」!

昨年に引き続き、今年も挑戦!かなんフェス!

大阪の河南町で年に1回行われる「かなんフェス」。
昨年は、たまごパスリレーでギネス登録を目指されました!

そして今年はプロジェクションマッピング・・・・・ではなく「光の空間アート」!

安藤忠雄建築で「光」のイベントを!!「光の空間アート」を開催したい!!

皆さん、プロジェクションマッピングの予算ってどれくらいかかるかご存知ですか?

簡単なもので1,500万円なんですって!!!!
衝撃ですよね・・・

私もプロジェクションマッピング、結構好きなので、見に行きますし、
冬に中ノ島で行われる何度か参加したことがあるのですが
そんなに費用がかかるとは・・・ 知らんかった・・・

ということで、プロジェクションマッピングを今回は諦めて
河南町では、「光の空間アート」を開催されることになりました。
いつか、プロジェクションマッピングを夢見て・・・

「光の空間アート」とは、プロジェクターを用いて壁に映像を映し出し、
その映像に触れると音がなったり、映像が変形したりする、
「観て、触れて、感じる」体験型のデジタル×アートのことらしいです。

場所は、「近つ飛鳥(ちかつあすか)博物館」!

あの有名な安藤忠雄さんの建築で、行う予定です!

【開催概要】
2017年11月19日(日) 10時30分~

場所:大阪府南河内郡河南町大字東山299番地

10:30~ オープニングセレモニー
11:00~ 光の空間アート
記録大会
スタンプラリー
フォトコンテスト
ステージ公演
フリーマーケット
模擬店

どうぞ、この機会に河南町ご支援をお願いします。

プロジェクトページはこちらから!
安藤忠雄建築で「光」のイベントを!!「光の空間アート」を開催したい!!