大阪の全児童養護施設で生活する子どもたちを対象にフットサル大会を開催!

私は2015年8月10日に任意団体Esperanzaを結成し、大阪府下の児童養護施設を訪問し、子どもたちと関わったり、職員さんとお話しさせていただいたりしました。「子どもが好き」というシンプルな動機から始まったこの団体。約2年半この活動を続け、たくさんの問題に直面してきました。これらの問題を解決していきたく思い、2017年7月7日にNPO法人エスペランサを設立しました。

NPO法人エスペランサは、施設で暮らす子どもたちへ胸の躍るコンテンツを提供し続ける団体です。

関わる子どもたちが笑顔になり、その笑顔が生きていく力に変わり、いずれはしっかりと社会に貢献する個人として、自立した生活を実現していく。

その過程を側で見守り、時には手助けをしながら、ひとつでも多くの巣立ちを成功させていくことが私たちの使命です。

エスペランサとは希望です。

私たちをはじめとする色々な人との関わりの中で、子どもたち自身が未来や外の世界へ『希望』を見出してほしいという想い。

そして、担い手が減り、衰退していく社会にとって、子どもたち自身が社会全体の『希望』になっていってほしいという願い。

この両方の実現を目指し、私たちは日々活動しています。

私は2015年8月10日に任意団体Esperanzaを結成し、大阪府下の児童養護施設を訪問し、子どもたちと関わったり、職員さんとお話しさせていただいたりしました。「子どもが好き」というシンプルな動機から始まったこの団体。約2年半この活動を続け、たくさんの問題に直面してきました。これらの問題を解決していきたく思い、2017年7月7日にNPO法人エスペランサを設立しました。

NPO法人エスペランサは、施設で暮らす子どもたちへ胸の躍るコンテンツを提供し続ける団体です。

関わる子どもたちが笑顔になり、その笑顔が生きていく力に変わり、いずれはしっかりと社会に貢献する個人として、自立した生活を実現していく。

その過程を側で見守り、時には手助けをしながら、ひとつでも多くの巣立ちを成功させていくことが私たちの使命です。

エスペランサとは希望です。

私たちをはじめとする色々な人との関わりの中で、子どもたち自身が未来や外の世界へ『希望』を見出してほしいという想い。

そして、担い手が減り、衰退していく社会にとって、子どもたち自身が社会全体の『希望』になっていってほしいという願い。

この両方の実現を目指し、私たちは日々活動しています。

詳細・ご支援はこちらからお願いいたします!