全日本フライボード選手権大阪大会!日本代表を大阪からワールドカップへ!

こんにちは!

全日本フライボード選手権大阪はちけんや浜大会実行委員長の馬野友秀です。

皆様はフライボードってご存知ですか?

2012年フランスのザパタレーシングにより全世界同時発売された新しい形のマリンレジャーアクティビティのことで、日本では体験型の遊びとして、TV、CM等多数のメディアでも取り上げられています。

最近はその見た目の派手さから花火大会等のイベント内でのショーとしても注目を集めています。世界では毎年ワールドカップも開かれており競技としても注目され年々参加選手が増えており、世界レベルでのスポーツとして位置付けもされてきています。

 

しかし、国内では知らない、知っていても見たことがない、体験したことがないという方が多いのが現状です。

そんな中、私は当初よりマリンレジャーとして、楽しんで頂けるよう体験ショップを開店させました。

同時に全国のフライボード愛好者が集まり、フライボードの普及や安全管理等を目的とした全日本フライボード協会が設立されました。

協会の活動の一つとして、ワールドカップに日本選手を送り込もうと全日本選手権も開催されるようになりました。

当時の私は選手として大会に参加している中の一人でした。しかし大会で全国から集まるフライボーダーとの交流の中、自分ももっとフライボード業界に深くかかわっていきたい、フライボードをもっと多くの人に楽しんでもらいたい、という思いが大きくなり、全日本フライボード協会の会員、公認インストラクター、公認ショップとして活動に参加するようになりました。大会やイベントへも今まで以上に積極的に参加し全国の愛好者たちとの関係はますます深くなりました。

国内でも過去7回の選手権が行われてきましたが、大会を開く場所といえば海水浴場内や港湾内、しかも長崎、沖縄、浜名湖といった地方都市での開催でした。当初はまだマイナースポーツであることもあり、参加者は選手ほか関係者がほとんどで純粋な観客を誘致することがなかなかできませんでした。

 

しかし近年は日本選手のレベルもかなり高くなり、女子選手の中にはワールドカップで2位を獲得するほどの選手を輩出するまでに育ってきています。

 

水上で華麗に舞う演技は観るものすべてを魅了します。

 

Mezzo presents 全日本フライボード選手権2018

プロジェクトの詳細、ご支援はこちら