ふるさとは南丹市。移住者による移住ガイドブックで未来の仲間と繋がりたい!

移住女子3人「つむぎ」が平成最後の年に移住者向けガイドブックをつくります!

 

こんにちは。

この度はページをご覧いただきありがとうございます。

 

 

▲ここ南丹市がふるさとになる息子と。

 

京都の里山、南丹市への移住を猛烈におすすめするため、移住サポート事業をはじめる「つむぎ tsumugi」の代表 東裏晶子(ヒガシウラアキコ)です。現在子育てに奮闘しながら、自宅でウェブ、ツアー、ゲストハウス事業を行うGOMAを運営しています。

 

 

 

 

つむぎ tsumugi」は南丹市に移住した女性3人による民間プロジェクト。

南丹市に来なければ出会うことのなかった3人が、ひょんなことから意気投合し、これからの移住をサポートするべく今年立ち上げました。

 

 

▲3人とも移住者の「つむぎ」です。

 

私たちは移住してから知り合った仲間です。南丹市でご縁があり、繋がりました。そんな経緯から、このプロジェクトを通じて、人と人との繋がりを結いでいけたら、という思いで「つむぎ」と命名しました。

 

「南丹に移住してよかったね。」

住みはじめてから実感する、実際の暮らし。それまでの期待や不安をはるかに超える新しい繋がりやご縁。移住前には想像ができない楽しい毎日。それをまだ移住していない未来の仲間に届けられたら・・・。

 

移住を楽しむテクニックや秘訣、暮らし方から起業のコツまでたっぷりつめた移住ガイドブック出版と移住の予習ができる体験ツアーを企画していきます。

 

 

 

まずガイドブックをより多くのひとに届けたい!

そんな思いからクラウドファンディングに挑戦することにしました。

長文ですが、最後までお読みいただけると幸いです。応援よろしくお願いします!!

 

プロジェクト詳細のご確認・ご支援はこちら