くまモンといつも一緒に!「くまもと」を身近に感じる革小物で熊本の復興支援

プロジェクトページをご覧頂き有難うございます。

大阪府大東市で皮革製品の製造・企画販売を営む、山之内 敦(やまのうちあつし)と申します。

 

私の故郷は「くまもと」1970年代半ばを過ぎてもテレビはNHKしか映らず、郵便屋さんが郵便物と一緒に一日遅れの新聞を配達するような辺境の地で生まれ育ちました。

 

「ないものは自分で作りなさい」と教わり、竹とんぼや竹馬から荷物を運ぶ台車の車輪まで、自然から調達した原材料を活用して作る遊び道具の大半は生粋のDIY。そんな生活の中で培われた「ないものは作る」精神が今の私の中にも生き続けています。

 

1991年、学校卒業と同時に就職のため関西へ。1995年の阪神・淡路大震災は伊丹市の社員寮で体験しました。その後、紆余曲折ありながら、現在はオリジナルのレザーアイテム(皮革製品・革小物)び企画・開発・製造をしています。

 

今回のプロジェクトは、

故郷くまもとから遠く離れた大阪から、少しでも故郷を応援したい!

その想いから、知名度全国区のゆるキャラ「くまモン」の熊本復興応援グッズを製作することにしました。日本全国の熊本を故郷に持つ方々や、ご縁があって熊本を応援してくださる方々、1人でも多くの方にプロジェクトを知ってもらい、想いを共有し、ご支援頂けたら嬉しいです!

本プロジェクトでご支援頂いた10%を熊本復興支援に寄付させて頂きます。

 

→このプロジェクトはFAAVO大阪にて支援いただけます。こちらからどうぞ