【河南町】マイナー過ぎて田舎過ぎるまちを「かなんフェス」で盛り上げたい!

「かなんフェス」とは?

このページをご覧いただきまして本当にありがとうございます。

私はかなんフェス実行委員会の石原佑也と申します。河南町で生まれ育ち、現在は道の駅「かなん」の駅長として河南町産の野菜や果物などを販売したり、SNSで旬の野菜情報や道の駅でイベントを開催するなど、地域の魅力を発信しています。

「かなんフェス」

町内諸団体がそれぞれの特色をいかし町の魅力増進・魅力発信を目指す協働のまちづくりイベントです。住民発意による町活性化事業として毎年開催され、今年で10回目を迎えます。

<かなんフェス当日の様子>

 

大阪一!?マイナー過ぎて田舎過ぎるまち河南町

「それはかなん!!」

<河南町の田園風景>

 

ところで皆さま(特に大阪の方!)河南町(かなんちょう)というまちをご存知でしょうか?

2年ほど前に朝日放送テレビの「なるみ・岡村の過ぎるTV」にて、マイナー過ぎて田舎過ぎるまちとして河南町は紹介されました。

番組ホームページはこちら↓

https://www.asahi.co.jp/sugirutv/old/backnum/backnum_111.html

放送内容の概要はこちら↓ https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/41931/458242/

 

さらに、消滅可能性都市にも該当しています。

新聞記事↓

https://mainichi.jp/articles/20140509/mog/00m/040/001000c

消滅可能性都市とは、少子化や人口流出に歯止めがかからず、存続できなくなるおそれがある自治体のことで平成26年に日本創成会議が指摘。2010年から2040年までの間に20~39歳の女性の人口が5割以下に減少すると推計される自治体で、全国の市区町村の約半数が該当します。

要するに地元の知名度は低いうえにまちが消滅するかもしれない・・。

 

「それはかなん(河南)!!」

(⇒関西弁で「それは困った、大変だ!」を意味します)

 

私たちかなんフェス実行委員会は、微力ながらも小さい子どもから高齢者まで一同が楽しめるイベント「かなんフェス」を企画して、地域の活性化と地元の魅力発信をすべく立ち上がりました。

プロジェクトの詳細のご確認・ご支援はこちらから。